学群長 秋山 英三

人類社会を持続可能なものにするために、我々は、科学を通して自然を深く探求するとともに、技術を通して社会や地球環境に貢献することが求められています。科学技術あるいは理工学というものは科学と技術、理学と工学に必ずしも明確に分類できるわけではなく、多くの場合きわめて密接に関係しています。純粋な知的好奇心による自然科学の探求から社会や環境に直接貢献する工学技術への流れを一連の学問として捉えるのが筑波大学の理工学群です。ここでは、自然からの言葉を数学、その普遍原理を物理学、物質相互の反応を化学として理解し、それらの応用として、極小素材を扱う応用理工学、システムとして完成させる工学システム、社会に直接関わる工学である社会工学を学びます。学類としてこれらのうちの一つを選びますが、他の学類の授業も受講できるようになっています。

筑波大学理工学群で、広い視野を持って基礎から応用まで科学技術を学んでみませんか。