印刷

理工学群とは

教育目標

理工学群では、持続可能な社会に必要な幅広い教養、論理的かつ柔軟な思考力、実践的技能、基礎から応用に至る専門性を習得できます。また、知的創造、問題 発見・解決の能力を有する広い視野と豊かな人間性をもつ人材育成につとめています。各学類の教育・人材養成の目的は下記の通りです。

人材養成の目的
数学類 純粋数学から応用数学まで現代数学の基礎について幅広い知識を習得することにより、高度な論理性を身に付けると同時に、問題を分析しその構造を読み取って解決するという数学的思考能力を身に付けた、社会の様々な分野で活躍できる人材を養成する。
物理学類 多様に発展する現代物理学について、しっかりとした基礎及び高度な専門的知識を備え、かつ、真理を探究する過程を通して育んだ柔軟な思考力及び物事の本質を洞察し問題を根本から解決する力を持ち、それぞれの能力を生かして社会の様々な分野で活躍できる人材を養成する。
化学類 自然界における普遍的な法則及び未知物質・未知現象の探求、機能性物質の創製及び材料開発、環境問題及びエネルギー問題の解決、生命現象の分子レベルでの解明等に対する意欲を持つことができる十分な基礎的化学的知識を持ち、これらの知識と理解に裏打ちされた柔軟な思考力及び国際的に活躍できる能力を有する人材を養成する。
応用理工学類 われわれの社会を維持・発展させ続けるために必要な最先端工学の基礎となる科学・技術を原理から理解し、さらに発展させることができる、創造力豊かな技術者・研究者を養成する。
工学システム学類 安心で安全であり、快適で豊か、かつ持続可能な人間生活を工学面から支え牽引できる人材、すなわち、1.広い分野に応用できる基礎能力、2.広い視野を持った仕事の遂行能力、3.社会人・職業人としての人間基本力を持った技術者・研究者を養成する。
社会工学類 人間行動が複雑に絡み合う社会的諸問題を工学的・実践的・戦略的に分析するために必要な文理融合型思考能力を持ち、総合的な問題解決のためのシステムを設計できる人材を養成する。