印刷

理工学群とは

ノーベル賞学者

筑波大学理工学群は2名のノーベル賞受賞者が教育に携わったという歴史を持っています。

白川英樹 名誉教授

photo-shirakawa
ノール化学賞 2000
「導電性ポリマーの発見と開発」


白川博士は,ノーベル化学賞を平成12年(2000年)に受賞するなど、導電性高分子(電気の流れるプラスチック)という高分子化学の新しい領域の開拓に大きな業績を残しました。

白川博士は昭和42年(1967年)に銀色光沢を持つポリアセチレンフィルムの合成に成功し,その後米国の研究者との共同研究により絶縁体のポリアセチレンが導体に変わる発見(1977年)をしました。1979年に設立間もない筑波大学に東京工業大学から助教授として赴任し1982年教授に就任しました。筑波大学の教官として二十年以上にわたりポリアセチレンなどの導電性高分子に関する研究と教育に専念しました。

 平成3年(1991年)から5年(1993年)まで,大学院数理物質科学研究科の前身のひとつである修士課程大学院理工学研究科長を務め,さらに平成6年(1994年)から9年(1997年)まで,理工学群の前身のひとつである第三学群長を務めた後,平成12年(2000年)に停年退官しました。この年,ノーベル化学賞を受賞しました。

著書には導電性高分子関連の専門書のほか『化学に見せられて』,『私の歩んだ道』などがあります。

筑波大学ギャラリー 白川記念室

故 朝永振一郎 名誉教授

photo-tomonaga
ノーベル物理学賞 1965
「量子電気力学,とくに超多時間理論およびくりこみ理論の展開」


朝永博士は,湯川秀樹博士に次いで,日本人として2番目のノーベル賞を昭和40年(1965年)に受賞するなど,素粒子物理学を中心とする理論物理学の研究に大きな業績を残しました。

昭和16年(1941年)から,筑波大学の前身である東京文理科大学において研究を進めました。東京文理科大学の理学部は大塚にキャンパスがありましたが,朝永研究室は戦後には大久保の旧陸軍技術研究所跡地に移転しました。第二次世界大戦末期から戦後の困難な時期にもかかわらず,全国から多くの若手研究者が集まり,熱気に溢れていました。超多時間理論とくりこみ理論はその間に発展させたものです。

昭和24年(1949年)には,改組により東京教育大学が開学し,これに伴い同大学教授に就任し,昭和44年(1969年)に定年退官するまで,研究・教育を続けました。昭和31年(1956年)から37年(1962年)までは学長を二期務め,また附属光学研究所の所長を務めるなど,大学運営にも大きな貢献があります。

また,昭和24年(1949年)に初版が出版された『量子力学』をはじめとする専門分野の教科書,『物理学とは何だろうか』などの啓蒙書,『庭に来る鳥』などの随筆等,多くの著作があります。

筑波大学ギャラリー 朝永記念室
筑波大学 朝永記念室